牛内蔵の主な部位

Beef~牛内臓~

牛内蔵の主な部位

  

 

 ①牛タン(舌)

 

肉質は緻密で硬めですが、じっくり煮込むと柔らかくなり独特の風味が出ます。1頭から1〜2kg程しか取れない部位です。焼肉、シチューに適しています。

 

 

 ②ハツ(心臓)

  

くせがなく、コリコリとした食感が特長です。牛内臓の中でビタミンB1が最も多く含まれています。

 

 

 ③レバー(肝臓)

  

レバーは、牛内臓の中では最も鉄分、ビタミンに富んでいる部位です。柔らかく濃厚で深い味わいがあります。

 

 ④ハラミ(横隔膜)

  

肉厚で、牛肉そのものに近い風味を持っています。サシの入ったものは上質で柔らかくカルビのも劣らない味わいです。

 

 

 ⑤ミノ(第1胃)

  

4つある胃のうちの第1胃。色は乳白色で肉厚、弾力性に富んでいます。

 

 ⑥ハチノス(第2胃)

  

4つある胃のうちの第2胃。蜂の巣のようなひだ状になっていることからこう呼ばれます。くせのない味わいです。

 ⑦センマイ(第3胃)

  

沢山のひだが重なっているのでセンマイ(千枚)と呼ばれます。牛内臓の中でカルシウムが最も多く、味は淡白で独特の食感があります。

 

 

 ⑧ヒモ(小腸)

  

弾力のある独特の食感が魅力です。じっくり煮込むと柔らかくなります。もつ鍋にもよく利用されています。

 
 

 ⑨シマチョウ(大腸)

  

ヒモより太く、肉厚です。シコシコとした歯ざわりと深い風味を楽しめます。牛内臓の中で最もナトリウムが豊富です。

 

 ⑩テール(尾)

  

煮込むとゼラチン質が溶け出して、素晴らしい旨みが出ます。焼肉、シチュー、スープ料理に最適な部位です。

 

       
 
 

(C)Marukyo Shokusan Co.,Ltd. All Rights Reserved.