鶏肉・内蔵の主な部位

Chicken~鶏肉・内臓~

 

 ①ささみ  ②むね肉  ③もも肉
鶏肉の中でも脂肪分の少ない部位です。淡白なので、どんな味付けにもなじみます。衣をつけて揚げたり、蒸し鶏にしてサラダにどうぞ。
もも肉より脂肪分が少なく、タンパク質が多い部位です。あっさりとした味で、焼く、煮る、揚げる、何にでも使えます。
コクがあり、しっかりとした食感が魅力です。脂肪の多い部位ですが、皮を取り除けば脂肪を大幅にカットでき、もも肉をヘルシーに楽しめます。
 ④手羽元  ⑤手羽先  
手羽先より脂肪分が少なく、あっさりとした味です。唐揚げや焼き上げる調理に向いています。
ゼラチン質が多く、その中にはコラーゲンが含まれています。じっくり煮込むとゼラチン質が溶け出します。
 
 ⑥砂肝  ⑦レバー(肝臓)  ⑧ハツ(心臓)
脂質がほとんどなく低カロリーです。味は淡白で歯切れがよく網焼きや煮込みの材料として使われます。

ビタミン類や鉄分が豊富で栄養価が高く、クセがなく食べやすいです。香味野菜との相性が良いです。

コリコリとした独特の歯ごたえの中にも柔らかさがあるのが特徴です。葉酸や鉄分を多く含みます。焼鳥や煮物、炒め物にどうぞ。

 

(C)Marukyo Shokusan Co.,Ltd. All Rights Reserved.