豚内蔵の主な部位

Pork~豚内臓~

 

 ①タン(舌)

 

やや固めの部位ですが、じっくり煮込むと柔らかくなります。また、シャキシャキとした食感が楽しめます。淡白な味わいです。

 

 

 ②ミミ(耳)

 

ゼラチン質に富んでいて、コラーゲンが豊富に含まれています。コリコリとした歯切れの良い食感が絶妙です。

 

 ③ハツ(心臓)

 

脂肪が少なく、赤身肉と似た風味を持っています。コリコリとした歯ざわりは独特。豚内臓の中で、最もビタミンB1を豊富に含んでいます。

 ④ハラミ(横隔膜)

 

豚の横隔膜です。あばら骨のまわりをハラミ、腰椎に接している部分をサガリと分けて呼ぶこともあります。

 

 ⑤ガツ(胃)

 

くせがなく、食べやすい部位です。鉄板焼きや煮込みなど、様々な料理にして味わうことが出来ます。

 

 ⑥レバー(肝臓)  

 

レバーは栄養の宝庫。鉄分はもちろん、ビタミンA・B1・B2を含んでいます。高タンパク低脂質のヘルシー食品です。

 

 ⑦マメ(腎臓)

 

形が空豆に似ているのでこう呼ばれます。味はコクがあり、鉄、ビタミン、ミネラルをバランス良く含んでいます。

 

 

 ⑧ヒモ(小腸)

 

弾力のあるシコシコとした食感が魅力です。じっくり煮込むと柔らかくなります。

 

 ⑨ダイチョウ(大腸)

 

小腸より太く、コリコリとした歯ごたえが魅力です。もつ鍋・串焼きのほか、マリネにしてもさっぱりと召し上がれます。

 ⑩コブクロ(子宮)

 

脂質がほとんどなく低カロリーです。

味は淡白で歯切れがよく網焼きや煮込みの材料として使われます。

 

 ⑪トンソク

 

コラーゲン等のタンパク質を多く含んでいます。また、カルシウムが豊富。丈夫な筋肉や骨を作る栄養がつまっています。

 

   
 

(C)Marukyo Shokusan Co.,Ltd. All Rights Reserved.